四輪バギーコース内で事故!タレントさんが!?

先日・・・とは言っても、約一週間くらい前には成るかと思いますが、とあるタレントさんが四輪バギーで四輪バギー専用コースを走行していて事故にあった記事が、新聞やニュースで報道されていましたよね!

今回は、このタレントさんが事故を起こした四輪バギーが、何処のメーカーの何と言う四輪バギーなのか私なりに調べてみました。

その結果、私の判断ではヤマハの四輪バギー(グリズリー660)の弟分とも言えるヤマハ四輪バギー(グリズリー125)だと思われます。

この四輪バギーは、空冷4ストローク・単気筒・125ccエンジンを、軽量かつコンパクトなボディーに搭載するヤマハの四輪バギーです。(速いです・・・

乗り降りしやすいシート高685mmのライディングポジションで、ギアチェンジ不要のVベルトオートマチックミッションによって、誰でも気軽かつ快適にオフロード走行が楽しめる四輪バギーになっているようですよ。

この、ヤマハの四輪バギー(グリズリー660)の仕様は、下記の通りです。

○エンジン         空冷・4サイクル・SOHC・2バルブ・単気筒
○総排気量         124(cm3)
○点火方式         C.D.I
○エンジンオイル容量    1.45(L)
○燃料タンク重量      7(L)

○始動方法         セル式
○変速機操作方法      Vベルト式無段変則 右手動前後進切替
○駆動方式         チェーン


○全長/全幅/全高      1700(mm)/990(mm)/980(mm)
○軸間距離         1080(mm)
○最低地上高        145(mm)
○シート高         685(mm)
○乾燥重量         139(kg)


○トレッド         前/695(mm) 後/710(mm)

○サスペンション      前/スイングアクスル(独立)
              後/スイングアーム(モノクロス・非独立)

○ブレーキ         前/機械式デュアルドラム
              後/機械式シングルドラム

○タイヤサイズ       前/AT20x7-8
              後/AT22x10-8

○ヘッドランプ       12V、30W/30Wx2

ねっ・・・日本の四輪バギーも、なかなかの性能でしょう・・・

しかし、この四輪バギーは公道走行は現行の法律では、走行できない様ですので、やはり四輪バギー専用コースなどでの走行しか出来ないそうです。

私も、四輪バギーは持ってはおります。(50ccですがね・・・

四輪バギーで、一番気を付けて運転しなくてはいけないのが、走行中のカーブです。

今回の、タレントさんの事故も、このカーブで起きた様でしたが・・・

四輪バギーで、カーブを曲がる時には、バイクの様にカーブの内側への体重移動は不可欠です。(ハングオン・・・と言う奴です)

やはり、ホイールベースやトレッドが短い四輪バギーですので、カーブの時なんかは、転がりやすいのかもしれませんね・・・

皆さんも、四輪バギーなどを運転する機会が有りましたら、その辺を気を付けて、安全運転をしてくださいね。(四輪バギーでのコーナー進入時は、オーバースピードは危険ですからね・・・)


posted by 四輪バギー狂 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四輪バギー(ATV)日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。